リリカとロキソニンは併用可能?

リリカとロキソニンは併用しても大丈夫?

答えから言うとリリカとロキソニンを併用しても比較的安全です。ではなぜ安全なのかをリリカとロキソニンの効き目と併せて説明していきます。

 

リリカとロキソニンを併用してもよい訳

世間に出回っている薬には多くの物がありますが、どのようなパターンであっても服用前に相性は確認しておいた方がいいでしょう。そこでリリカとロキソニンに関しても確認していきます。

 

まず、初めに相性がよくない場合というのはどういったケースなのでしょうか? 相性がよくない場合のほとんどは効果や成分が似ているというパターンに当てはまります。

 

例として睡眠薬を2つ用意します。この2つの薬は当然効果がとても似た薬の組み合わせです。「名前が違うしそれぞれの用量分飲んでも大丈夫」というのは正しい考えでしょうか?本来飲むべき量の倍飲んでしまうのとほとんど変わらない副作用が出る確率が高いですのでやめておきましょう。

 

もしも、リリカとロキソニンの成分や効き目が似ていたらこれと同じことが起こってしまうかもしれません。成分が似ているというのであれば相性が悪い確率も高いでしょう。

 

そこで、リリカとロキソニンがどんな薬なのかをそれぞれ確認していきましょう。

 

リリカの効果・仕組み


リリカは「神経障害性疼痛」というタイプの痛みによく効く鎮痛剤です。この神経障害性疼痛は神経になんらかの問題がある時に発生する痛みです。

 

神経細胞にはカルシウムチャネルという器官があり、ここから神経伝達物質(痛みの伝達物質を含む)が放出されます。神経細胞が過剰興奮状態ですと、この神経伝達物質が放出されすぎてしまい結果的に痛みを引き起こします。

 

リリカはこのカルシウムチャネルの働きを抑えて神経伝達物質の放出を抑えることで、痛みを軽減しています。

 

ロキソニンの効果・仕組み


ロキソニンは非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に分類される解熱鎮痛剤です。

 

怪我の患部では痛みの原因となる物質である「プロスタグランジン」が生産されます。このプロスタグランジンが分泌されることにより、脳は「怪我をした箇所が痛い」と感じるのです。

 

ロキソニンはプロスタグランジンの生産を抑えることで痛みを軽減します。

 

 

 

リリカは過剰な神経伝達物質の放出を防いで神経障害性疼痛に効く。ロキソニンはプロスタグランジンの生産を抑えて痛みを軽減する。というように効果と仕組みが全く別物だとわかります。

 

リリカとロキソニンは相互干渉しない

リリカとロキソニンは効果がかけ離れているとわかりました。こういった場合には飲み合わせがよくないというケースは基本的に少ないです。

 

しかし、このように効果が違ったとしても干渉する例はあります。

 

AとBの併用でAの効果が高くなる
AとBの併用でAの効果が下がる

 

といった形で、それぞれの効果が変わることもない訳ではありません。しかし、これはレアケースでリリカとロキソニンはそれに該当しません。実際の使用者からもそういった声は上がっていないです。

 

リリカとロキソニンのリスクはゼロ?

これまでの説明を見て、リリカとロキソニンを併用してもリスクはまったくないんだ。と思われる方もいるでしょう。しかし、実際には気をつけなければならない所があります。

 

ロキソニンは長期間服用を続けると胃に小さくないダメージがあります。

 

そして、リリカは吐き気の副作用を持っています。

 

どちらの薬も効果の高いものですから、単独使用であれば症状を無視している方も多いでしょう。しかし、2つの症状が一気におこると胃への負担は大きなものとなってしまいます。

 

そうなってしまう前に対策方法を考えておきましょう。

 

対策方法

もしもリリカを飲んで吐き気が出るようなら、ロキソニンを他の鎮痛剤に変えることも考えておきましょう。

 

変更候補としてはロキソニンと同じNSAIDsのセレコックスをおすすめします。薬価がやや高いのと医師に処方してもらう必要はあるものの胃への負担がないのが大きなメリットです。

 

リリカとロキソニンの相性はいいのか医師に質問


リリカとロキソニンの相性は悪くない、とここまで説明してきました。しかし、「もしかしたら何かあるかもしれない」という疑念を持っている方もいるでしょう。

 

もしも、どうしても不安であるのならば医師に相談してしまった方が早いでしょう。医師から大丈夫と言ってもらえればすっきりするはずです。

 

もしも聞くのであればストレートに「リリカとロキソニンは一緒に飲んで平気ですか?」と直接的に聞いてしまった方が疑問が残らなくてよいでしょう。

 

リリカはこんな薬

リリカは、神経障害性疼痛に効果のある鎮痛薬です。人間が感じる痛みには、切り傷や打撲をした時に感じる侵害受容性の痛みや、ビリビリしたりジンジンするような神経障害性の痛みや、精神的な事から痛みを感じる心因性の痛みなどがあります。これらの痛みのうちリリカは、神経が傷ついたり過敏になっている時に感じる、ビリビリしたような痛みに対して効果があります。

 

椎間板ヘルニアの痛みの原因は1つではなく、侵害受容性の痛み、神経障害性の痛み、心因性の痛みなど3つが原因となって痛み感じる事があります。このような複雑な事が原因となって痛みを感じる椎間板ヘルニアなどの場合は、1種類の鎮痛剤だけでは痛みを抑えられない場合があります。痛みを抑えるためには、神経障害の痛みに効果があるリリカと併せて他の症状に効果のある鎮痛剤を使用する事もあります。神経障害の痛みは、神経が過敏になり過ぎてしまい、神経伝達物質がたくさん放出されてしまうために痛みを感じるようになります。

 

リリカを使用すると、神経伝達物質の放出が少なくなるため痛みが減ってきます。リリカには眠気が起こるといった副作用があるため、医師や薬剤師などに良く相談をして利用する必要があります。

 
http://www.club-fantasy.com/ http://www.codepromofemme.com/ http://derrickrosesshoes.net/ http://torontoartsgirl.com/